読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非正規崖っぷちりんごの一念発起日記

面白き こともなき世を 面白く 生きるためには 夢は必要

”進撃の巨人”の哲学を考えさせられる言葉

こんばんは、りんごです。

 

超絶眠いですが、これだけは書いておきたいと思い、

目をこすりながらテンポよく書いていきます。

 

進撃の巨人

というアニメ・マンガはご存知でしょうか。

 

詳しく書くとネタバレになり、

かつ書き終わるのに朝までかかりそうなので、

一言でざっくり説明すると、

「巨人が人間を喰らう。」っていう内容です。

ざっくりしすぎ感が否めませんが、大方この内容です。

 

進撃の巨人は内容だけに、

すごく考えさせられる言葉が多いのですが、

特に印象に残った言葉を紹介します。

 

1.世界は残酷なんだから

残酷という言葉はなにかとよく出てくる気がします。

年端もいかない若者が「この世界は残酷だ」なんて、

どんなつらい環境なんだと、心配にもなりますが、

巨人が人間を喰らう世界が残酷でないわけがない。

話それますが、今の日本社会は残酷だと思いますよ。

若者の少ない賃金からいろいろ搾取されているのです。

なんて残酷な世界なんだ。

弱者が救われる日は来るのでしょうか。

 

2.戦わなければ勝てない

はい。かっこいいセリフですね。

目の前にいる敵がいかに強く、勝てそうになくても、

戦わなければ生き残れない。

いま自分が置かれている現状から抜け出すために、

死に物狂いになって戦ってやろうって気になりますね。

 

以上です。

アニメって結構好き、いろいろ見ています。

アニメを哲学するっていうのも

少しやっていこうと思います。