非正規崖っぷちりんごの一念発起日記

面白き こともなき世を 面白く 生きるためには 夢は必要

かなりド派手にずっこけた話

こんにちは、りんごです。

 

今日はひさしぶりにやらかしました。

こけました。

両方の手の平と膝

ごっつい擦りむいたよ。

 

膝の傷と右手首のねんざが痛いよ。

 

手をついたから

顔面セーフだったけども。

 

こういう時私はいつも

温潤療法です。

 

これは最近になって

取り入れる医療機関が増えてきたという、

傷の療法です。

 

今までは傷口は消毒して

バンドエイドとかガーゼで

傷を乾燥させるっていうのが

一般的でした。

そのうちかさぶたができ、

治っていくといういつものパターンです。

 

一方でこの温潤療法は

傷は消毒しないし、

傷も乾燥させません。

 

傷口を水で洗い、

そのまま乾燥しないように

フタをしてしまうのです。

 

専用のバンドエイドのようなものもあり、

クイックパッドとかが有名でしょうか。

あと、傷口が広範囲にわたる場合、

ラップを利用する。

 

治りは早いというか、

かさぶたができない点で

治りが早く感じるという印象。

 

かさぶた嫌いやし。

絶対めくってまうやん。

 

あと、これは重要だと思うのですが、

きれいには治らないです。

 

傷の深さにもよると思いますが、

一般的にこけて膝にできた擦り傷って、

子供のときの傷でも傷跡残りませんか?

というか今でも傷跡のこっていませんか。

白く皮膚が盛り上がるような感じで。

 

そんな感じになります。

従来の処置でも、

温潤療法でも、

傷の残り方はあんまかわらない

気がします。

 

まあ違いっていえば

かさぶたが出来るか出来ないか、

ってところなのかも。

 

医学的なところをいうと

絶対一緒じゃないんと

思うんだけど、

素人目にはわからん。

 

温潤療法は、

かさぶた嫌いな人に

オススメです。

 

まあなんだ、

とりあえず傷を一刻も早く治して、

こけたという事実をなかったことにしたい。

 

すでに膝に傷いっぱいあるし。

今更一つ二つ増えたところで、

かわらない。

きっとスカートはかないし。

いいよ、別に。

 

子供のころから

活発で、よく遊びよく怪我する

子供だった。

 

周りは男友達ばっかり。

おにごっこの最中とかに

男友達に突き飛ばされ、

体が小さかった私はよく

こけていた。

 

そして大人になった今。

ライブやフェスのモッシュピットで、

暴れまくるようになったので、

これまた擦り傷だらけ。

 

気が付けば膝には多くの傷跡が。

もうね、スカートはけない。

 

みっともなくてはけない。

 

というか、スカートはいてこけたら

足が直にコンクリートに直撃とか

考えただけで痛すぎる。

 

考え方がおばあちゃんみたいだけど、

どんくさいからね。

 

つねに最悪の事態を想定して

生活しているってことですよ。

 

あーそれにしても

膝の傷いてーわ。

手首の捻挫もいてーわ。

思いっきり内出血してるわ。

手の平切り傷だらけだし、

当分料理はできねー。

 

こけるもんじゃないね。

運動靴だったのにね。

今はやりのスカーチョってやつを

はいてたのは原因だね。

あれはガサツがはいたら危険な服だよ。

もう外では絶対にはかない。

誓います。